レセプト

レセプトは、患者が受けた保険診療について、医療機関が保険者に請求する医療報酬の明細書のことである。と、wikiにあります。

月初めに先月分の診療報酬をまとめて請求するのです。その明細書がレセプト、医療事務さんのメインがこのレセプト業務です。

大学勤務時代にレセ係をしていた時期がありました。

いつも委員会に出て、病名つけ忘れです、すいませんとか、過剰な検査です、すいませんって診療科を代表してみんなの前で謝るという今となっては良い経験でした。勉強にもなったし。

で、

4月10日までに3月分のレセプトをまとめて支払い基金に請求しないといけません。

エラーチェックをして、エラーが出て、修正して、エラーが出ての繰り返し、、

初月ですからね。

毎日診療後にその日のレセプト修正していても、なんだかんだとエラーが出ます。

もう、この写真の時間、何時だったかなんて書けません。

けど、画面を見つめる3人の真剣さから察してください。

夜中です!

うちのクリニックのネットワーク接続してくれた業者さんと事務さん。

僕だけ緊張感なさそうですがドキドキです!

ちなみにうちの電子カルテ、ダイナミクスという内科の先生がマイクロソフトアクセスで作った電カルソフトです。

見た目でいえば洗練された今どきのカルテではありませんが、自由度が高くPCも好きなものが使えます。大学のカルテがようやく紙から電子カルテになった頃、まだマウスが光学ではなくコロコロでしたので、勝手に光学マウスに変えて使ってたらシステムの人に怒られました。すべて純正のを使わないといけないんですよね。

わざわざFujitsuとかいてあるコロコロマウスを使ってたのを思い出します。

ですが、このダイナミクス。

ソフト販売なのでPCは何でもいいんです。

なのでAmazonなどで好きなもの買っていいし、何台でもインストールできます。

すでにうちのクリニックは14台構成です!

目がチカチカしますがリハスタッフの多い整形外科にはおすすめです!

前の記事

タイムカード

次の記事

土曜日