院長

2000年に医師免許を取得し獨協医科大学越谷病院整形外科(現獨協医科大学埼玉医療センター第一整形外科)に入局して以来、約20年間大学病院を中心に勤務してきました。専門医取得後は関節外科医として、失った機能回復と生活の質向上を最終目標に診療にあたっています。

関節外科の中でも専門にしている医師の少ない肩関節外科を診療の中心にしていたため、今後も勤務医として手術中心の診療を継続するつもりでしたが、縁あってこのたび、埼玉県越谷市にて、えのもと整形外科スポーツ運動器リニックを開設させていただく運びとなりました。

我々整形外科専門医の役割は様々な年代に応じた運動機能の改善をお手伝いすることです。特にこれからの長寿社会においては、自分の足で歩き、生きがいを持ち、いきいきとした生活を送るために運動器(骨、筋肉、関節など)の健康を保つ事が重要です。学生はもちろん、年配になっても運動習慣をつけ健康寿命を延ばしてもらいたい。そのお手伝いができればと思っております。

榎本光宏

院長略歴

平成12年 獨協医科大学医学部 卒業
平成12年 獨協医科大学越谷病院整形外科(現獨協医科大学埼玉医療センター第一整形外科)入局
平成14年 越谷誠和病院 
平成15年 八潮中央総合病院
平成16年 獨協医科大学越谷病院 整形外科助教
平成18年 流山中央病院
平成20年 獨協医科大学越谷病院
平成22年 東埼玉総合病院 
平成24年 東埼玉総合病院 整形外科科長
平成25年 獨協医科大学越谷病院
平成29年 埼玉県済生会栗橋病院 整形外科部長
令和3年   えのもと整形外科スポーツ運動器クリニックを開院

*他業種の方よりなぜこんなに職場を変えているのかと聞かれたことがありますが、医局に籍を置くと、偏った知識、経験にならないように未専門医時代は1年毎、その後は数年ごとに大学勤務と関連病院への出向での勤務となります。出向時でも週に一回は大学の専門外来を行ってきましたので21年間大学勤務をしてきました。

出身の千葉県に18年、大学の栃木県に6年、気づくと越谷在住期間が一番長いです。^^;

開院にあたってページも御覧ください
 

資格・役

資格

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医
  • 小児運動器疾患指導管理医師
  • 身体障害福祉法指定医師(肢体不自由)
  • 難病指定医
  • 臨床研修指導医
  • ロコモアドバイスドクター

副院長

榎本澄江

平成12年 獨協医科大学越谷病院麻酔科入局 手術麻酔、ペインクリニック外来にて痛みの診療に従事

資格

*ペインクリニック学会認定専門医

ペインクリニックについて

ペインクリニックとは「痛み」を総合的に診断・治療する診療科です。痛みは長引くと更に新たな痛みを引き起こし「痛みの悪循環」を生じてしまい治療に難渋します。そのため、初期に痛みの原因を診断し取り除くことが重要ですが、慢性化した痛みには薬物療法の他、神経ブロックが有効な場合があります。

当院は運動器疾患を専門に扱うクリニックですので、整形外科専門医として院長が患者様全員の主治医となり、皆様の診断と治療に当たります。痛みはつらい症状ですが、まずしっかりとした診断を行い、リハビリや生活指導を行うべきで無用なブロック注射は避けるべきと考えています。

それでも必要な場合は運動器で扱う神経ブロック、関節注射、ハイドロリリースなどは院長が担当できますが、その中でも腰の痛みや下肢のしびれに対する硬膜外ブロック、仙骨裂孔ブロックなどは副院長のほうが長けている分野ですので、ペインクリニック外来として副院長が併診して治療にあたります。

ペインブロック外来は院長からの紹介による完全予約制です。希望される方は院長の診察時にお申し出いただくか、問診票にご記入ください。

当院では関節の痛み、腰の痛み、手足のしびれなど運動器に特化した診療を行いますので、帯状疱疹やがん性疼痛に対するペインクリニック業務は扱っておりません。あしからずご了承くださいませ。